障がい者デイサービス・ケアホーム・ホームヘルプ ベテスダの家
  • トップページへ
  • ご案内
  • 事業内容
  • デイサービス
  • ケアホーム
  • ホームヘルプ
  • 運営
  • 事業所概要
  • 沿革
  • 交通アクセス
  • 理念・使命・ビジョン
  • 支援についての考え
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • 採用情報
  • 職員研修制度
  • 応募をご検討の方へのメッセージ
  • 窓口
  • お問い合わせ・求人のご応募
  • 個人情報保護法について
  • スタッフブログ
  • 採用情報

世光福祉会 世光保育園

ベテスダの家の事業所概要
  • ベテスダとは
  • ベテスダの家 概要
  • 沿革
  • 交通アクセス

ベテスダとは

名前の由来

 「 新約聖書(口語訳)から〜Bethesda
 ヨハネによる福音書第5章2節〜8節 」


エルサレムにある羊の門のそばに、へブル語でベテスダと
呼ばれる池があった。
そこには五つの廊があった。
その廊の中には、病人、盲人、足なえ、やせ衰えた者など
が、おおぜいからだを横たえていた。
(彼らは水の動くのを待っていたのである。それは、時々、
主の御使がこの池に降りてきて水を動かすことがあるが、水
が動いた時まっ先にはいる者は、どんな病気にかかってい
ても、いやされたからである。)

ベテスダの家
さて、そこに三十八年のあいだ、病気に悩んでいる人があった。
イエスはその人が横になっているのを見、また長い間わずらっていたのを知って、その人に

「なおりたいか」と言われた。

この病人はイエスに答えた、
「主よ、水が動く時に、わたしを池の中に入れてくれる人がいません。わたしがはいりかけると、ほかの人が先に降りて 行くのです。」

イエスは彼に、言われた、
「起きて、あなたの床を取りあげ、そして歩きなさい。」


ベテスダの家は、弱い立場の人と共にある共同体として、変革の礎となる運動体として在りたいと願って
名付けられました。
このページのトップに戻る

ベテスダの家 概要

ベテスダの家
郵便番号 〒612-8154
所在地 京都市伏見区向島津田町182-1
電話番号 ・ FAX TEL:075-602-1724 ・ FAX:075-602-1724
設立 1973年12月26日
職員数 常勤・非常勤37名(男性16名、女性21名)
パート・アルバイト職員17名(男性8名、女性9名)
2010年4月1日現在
事業内容 認可保育所:世光保育園
障害福祉サービス事業
生活介護事業:障がい者デイサービスべテスダの家
居宅介護事業、行動援護事業:居宅介護ベテスダ
共同生活介護事業:ケアホーム「シード」、ケアホーム「リーフ」、ケアホーム「ブランチ」、ケアホーム「ルーツ」、ケアホーム「ハーベス」 
相談支援事業ベテスダの家
このページのトップに戻る
沿革
ベテスダの家の沿革
1949年 日本基督教団世光教会が地域の幼児のため世光保育園を運営
1973年12月 社会福祉法人世光福祉会認可設立
1982年 日本基督教団世光教会 障がい児学童保育「ベテスダ会」
1983年 卒業後の進路保障として、京都市伏見区小栗栖に民家を借りて、利用者3名で「共同作業所ベテスダの家」スタート
1984年5月 ベテスダの家を支えるボランティアの店「ベテスダの店」オープン
1989年6月 共同作業所の軒が破損、危険な状態に
1989年9月 宇治市伊勢田にある伏見信用金庫(当時)元社員寮を借用して移転する
1990年4月 京都市伏見区醍醐にあった織物関連会社元社員寮を借用して移転する
1994年10月 京都市伏見区向島津田町に土地を取得して移転する
1999年4月 現在の本館を建設してデイサービス事業開始
2001年1月 グループホーム入居に向けて個別宿泊プログラムスタート
2001年4月 休日のおでかけ支援をスタート
2003年4月 グループホーム「シード」開所
支援費制度導入に伴い、居宅介護事業を開始する
2003年10月 グループホーム「リーフ」開所
2005年11月 グループホーム「ブランチ」開所
2006年10月 障害者自立支援法施行に伴い、デイサービス事業は生活介護事業、グループホームは共同生活介護事業(ケアホーム)に移行
2007年7月 隣接地に新作業棟ウィート完成
2009年4月 ケアホーム「ルーツ」開所
2009年12月 ケアホーム「ハーベス」開所
このページのトップに戻る

交通アクセス

交通機関 近鉄向島駅 徒歩10分
障害福祉サービス事業 ベテスダの家 地図
詳しい地図はこちらからご確認ください。
このページのトップに戻る